介護老人保健施設一覧紹介サイト 関東Top >  埼玉県の施設 >  鶴ヶ島市高齢者相談支援センターぺんぎん

[スポンサード リンク]

鶴ヶ島市高齢者相談支援センターぺんぎん

 施設の名称
 鶴ヶ島市高齢者相談支援センターぺんぎん
主業務など
介護老人保健施設.
所在地
350-2203 埼玉県鶴ヶ島市大字上広谷8-15
お電話番号
049-271-5123

【介護施設に関するお役立ち情報】

生活科学運営が、ワーカーズと組んだ狙いは、ホームなどの介護施設の入居者もその土地の住民であるのにも関わらず、それなのにホームは地域から為、存在感を示すためにも交流機能を持つことが重要だと考えられる為だと考えられています。

設立時には生活科学運営の社員が2ヶ月間介護の現場で一対一でみっちりと研修してくれ、不備が無いようにサポートしています。

ホームづくりは、ワーカーズのように「地元の人材などにホームを支えてもらいながらサービスを提供する」という生活科学運営の手法にすると再開発事業でも街に活力をもたらすのは交流ですね。

初めに療養病床とは、主に慢性期の疾患などで、長期にわたり療養を必要とする人に、医療と介護を提供する病院のことを言います。

お年寄りは気は長引くことが良くあり、長期的な医療と、身体機能の低下を予防をするための手厚い看護・介護が大切です。

介護型療養病床は、最初で病院と表したように、介護老人福祉施設などの介護保険の施設とは違って、介護施設より多くの医師や看護師がいます。

医師や看護師だけで入居者や相談に乗ってくれる、ケアマネージャーや理学療法士などのリハビリの専門家、他にも薬剤師・栄養士・臨床検査技師・放射線技師・ソーシャルワーカーなど医療はもちろんの事、介護を支えるのにも必要なスタッフが充分にそろっています。

介護型療養病床は以上のように、介護と医療の両面で十分な職員がそろっているので、介護保険の各サービスを医療面で下支えする存在です。

健康管理は万全で併発を予防し、急病を患った場合でも素早く適切に治療が可能です。

寝たきりの原因と状態に合わせた最適の介護が出来、回復期や維持期などの状態に応じた寝たきりを専門的な治療と対応が求められる痴呆のお年寄りも介護ができます。

それだけでは老人保健施設や特養からも急患を受け入れ、治療をする事も出来介護の状態が良くなるまで長い期間一貫した療養が出来ますが心配はいりません。

治療現場ではありますが残念な決定により2012年に、介護療養病床を廃止してしまうことを決定してしまいました。

そのせいで介護難民や事がないか心配ですね。

関連エントリー

介護老人保健施設一覧紹介サイト 関東Top >  埼玉県の施設 >  鶴ヶ島市高齢者相談支援センターぺんぎん